摂取について

機能性表示食品としても注目されている、ひざサポートコラーゲンの取り入れ方を説明します。

・ひざサポートコラーゲンの使い方

ひざサポートコラーゲンは、粉末状になっています。

専用スプーンが付いているので、専用スプーンで1日2杯を目安にします。

専用スプーン2杯で約5gですが、それほど大量ではないからコーヒーやお茶に混ぜても飲みにくいと感じる事はありません。

1度に2杯でもいいし、朝と昼というように、何回かに分けて使ってもOKです。

オレンジジュースなどの冷たい飲み物にもサっと溶けるので、使いやすいですし、味噌汁に入れても大丈夫です。

・自分なりのアレンジもOK

ひざサポートコラーゲンは、粉末状になっているからいろいろな物に混ぜて使えるのも特徴です。

人気のある使い方は、コーヒー、味噌汁、牛乳、お茶ですが、ヨーグルトに混ぜて食べる事もできます。

料理にも使えるから、例えばサラダのドレッシングに混ぜてもいいし、スープやカレーなどに混ぜてそのまま食べる事もできます。

毎日続けやすい方法でいろいろ試せるから、飽きずに続けられるのもポイントです。

・まとめ

毎朝野菜ジュースを飲む人は、野菜ジュースに混ぜてもいいし、スムージーやヨーグルトドリンクなどにも混ぜやすくなっています。

飲み物から料理まで、いろいろ使えるから自分流にアレンジできるのも、便利なところです。

何に入れても味や香りを邪魔しないから、いろいろ試してみるのも面白いと思います。

ひざサポートコラーゲンは、膝関節カテゴリーでは日本で初めてとなる、機能性表示食品です。

・年齢とともに減る成分

膝の関節を支える軟骨は、立ったり座ったり、階段の上り下りをしたりという、普段の何気ない動作でも使えばすり減ります。

磨り減った軟骨の再生にはコラーゲンが必要ですが、ある程度は体内で生成されるので特に意識しなくても普通に生活できます。

しかし年齢とともに、体内で生成できるコラーゲンの量は減っていくので、どうしてもコラーゲン不足となり、軟骨の再生が追いつかなくなります。

・ひざサポートコラーゲンをおすすめしたい人

最近なんとなく正座をするのが辛いと感じる、階段の上り下りで辛いと感じる、長時間歩くと辛いと感じる、という人はひざサポートコラーゲンがおすすめです。

コラーゲンを接種しようと意識している人も増えてきているのです。

●こちらもチェック!!⇒関節にも有効!コラーゲンを効果的に摂取する方法

膝関節を支える軟骨が磨り減ってしまうと、関節同士がぶつかり合い炎症を起こします。

これが膝関節痛となり、膝に違和感を覚えたり、痛みを感じたりするようになるのです。

個人差もありますが、すぐに痛みが出ずに違和感が続く事もあります。

なにか違うと感じたら、それは膝の軟骨がSOSを出しているのかもしれません。

・まとめ

ひざサポートコラーゲンは、粉末状になっていてコーヒーやお茶などに溶かして飲む事ができます。

無香料、無着色、保存料不使用だから体にも優しく、飲み物の味を邪魔する事もありません。

普段の飲み物以外にも、味噌汁やサラダのドレッシングなど料理に混ぜてもOKです。